音声読み上げソフトをご利用のお客様へ。

2200系

2200

一部特別車

2200系

解説

2004(平成16)年に中部国際空港への鉄道アクセス用として、全車特別車の2000系とともにデビュー。2200系は特急車2000系と通勤車3300系をベースに空港方2両を特別車とし、一般席車4両を併結した6両組成(3M3T)としている。2000系のデザインが「青と白と水の透明感」を表現して、青と白で塗分けられているのに対し、白をベースに名鉄カラーのスカーレットレッドを先頭部と肩部ラインとした。
車内設備は2000系と3300系の共通としているが、2007(平成19)年の増備車では一般車の2人掛クロスシートの一部を、1人掛に変更した2+1の座席配置とした。
空港アクセスの主役として2000系とともに活躍している。

また、2015(平成27)年から1030系の更新として新造され、前面スカートの大型化と側窓下部にも赤ラインを追加した新デザインとした。

わたしの名鉄駅

電車のご利用案内

  • 名鉄まるわかりブック
  • 名古屋鉄道ショッピングモール「Mモール」オリジナルグッズのご案内
  • 電車沿線ハイキング
  • メール配信サービス

ページの先頭へ