7000系パノラマカーで「名称列車」の復活運転を実施します

2008年8月1日

名古屋鉄道は、7000系パノラマカーの平成21年度中の引退に向けて、さまざまな記念イベントを実施・検討していますが、その一環として、8月9日(土)に名鉄名古屋~吉良吉田間、同30日(土)に名鉄岐阜~新可児間において、7000系パノラマカー(4両組成×1編成)による「名称列車」の復活運転を実施します。

8月9日(土)には、名鉄名古屋12時50分発吉良吉田行快速急行に、「三河湾 吉良吉田」の系統板を掲出し、「三河湾 吉良吉田」号として運行します。また、同30日(土)には、名鉄岐阜11時44分発新可児行特急の臨時列車を仕立て、「日本ライン 新可児」の系統板を掲出し、「日本ライン 新可児」号として運行します。両列車には、当該区間に有効な乗車券をお持ちの方は、どなたでもご乗車いただけます。なお、8月30日(土)には、新可児駅(可児市下恵土前田1225-4)において同車両の撮影会や見学会も開催します。

名称列車は、古くは戦前から始まり、戦時中は一時姿を消しましたが、戦後の混乱期を経て平成12年までの間、運行していました。沿線の観光地や海水浴・祭りなどの季節行事、文化遊園事業をはじめとする当社主催イベントなど、その名称を前面系統板に掲出しながらPR運行する列車として、ユニークな名称が数々登場しました。昭和42年の夏からは、7000系パノラマカーにおいても名称列車として運行を開始しました。

今回の復活運転では、当時特急専用車両として白帯塗装した7000系パノラマカー(7011-7162-7061-7012、現在は白帯だけを撤去している)を使用します。

詳細は下記のとおりです。

名称

7000系パノラマカー名称列車の復活運転
「三河湾 吉良吉田」号および「日本ライン 新可児」号

内容

「三河湾 吉良吉田」の系統板を掲出した名鉄名古屋発吉良吉田行きの「三河湾 吉良吉田」号と、「日本ライン 新可児」の系統板を掲出した名鉄岐阜発新可児行きの「日本ライン 新可児」号をそれぞれ運行するもの。

運行日

8月9日(土) 「三河湾 吉良吉田」号

【運行ダイヤ】
 名古屋 金山 新安城 吉良吉田
(快速急行)12 : 5012 : 5413 : 2113 : 54
  • 停車駅は、基本停車駅です。
  • 多客の場合、乗車券をお持ちの方でもご乗車できない場合がございます。

8月30日(土)「日本ライン 新可児」号

【運行ダイヤ】
 名鉄岐阜 三柿野 犬山 新可児(臨時列車)
(特急)11 : 4412 : 0312 : 1512 : 33 
  • 全車一般席の特急で、基本停車駅の他に三柿野駅にも特別に停車します。
  • 多客の場合、乗車券をお持ちの方でもご乗車できない場合がございます。

撮影会および車内見学会

場所広見線 新可児駅
日時8月30日(土) 12 : 40~15 : 50頃
内容駅停車中に撮影会や列車内からの運転台見学会を行います。
その他参加状況によっては、参加人数を制限することがありますので、あらかじめご了承ください。
三河湾 吉良吉田
日本ライン 新可児

系統板

7000系2次車

車両編成

以上

ページの先頭へ