新岐阜百貨店跡地の新商業施設の愛称が決定

2008年1月30日

名古屋鉄道は、名鉄岐阜駅西側の新岐阜百貨店跡地(岐阜市神田町9丁目1番地)に建設する予定の新商業施設(詳しくはこちら)について、かねて愛称を募集しておりましたが、応募総数1,046件の中から審査した結果、愛称を「ECT(イクト)」に決定いたしましたのでお知らせします。

「ECT」とは、「食(Eat)」、「たのしむ(Enjoy)」と、「電車(Train)」を「つなぐ(Connect)」の頭文字「E」「C」「T」をとったもので、「食」を中心とした健康・美しさ・彩あるライフスタイルの提供と、名鉄岐阜駅のターミナル機能を補完する新施設のコンセプトに適合していることから決定されました。なお、「イクト」の音感により名鉄岐阜駅へ「行く」という意味も表しています。

新商業施設愛称募集の結果の詳細は下記のとおりです。

募集期間

平成19年9月1日~同年10月31日

募集結果

応募総数 1,046件

受賞愛称と受賞者

名付け親大賞(1名)「ECT」(イクト)岐阜県揖斐郡坪井公宏様
名付け親賞(5名)「coffret」(コフレ)愛知県名古屋市奥田敏雅様
「Fuche」(フーシェ)岐阜県羽島郡虫賀靖起様
「ELIFE」(エリフ)東京都調布市武藤哲様
「MINORIA」(ミノリア)兵庫県神戸市柏原悟了様
「emino」(エミーノ)東京都板橋区荒木智子様

賞品(パレマルシェ協賛)

名付け親大賞全国共通ギフト券10万円分
名付け親賞全国共通ギフト券1万円分

以上

ページの先頭へ