鉄道での使い方

改札機のカード読み取り部にmanacaをタッチするだけでご利用いただけます。

manaca対応の改札機をご利用ください

名鉄manaca対応自動改札機は、このマークが目印です。

自動改札機のご利用方法

しっかりタッチします。

manaca対応の自動改札機の読み取り部に、manacaをしっかりタッチしてください。

「ピッ」または「ピピッ」という音を確認します。

読み取りができたときには、「ピッ」または「ピピッ」という電子音が鳴り、自動改札機を通過することができます。manacaを読み取れなかった場合、「ピピピピピ」という音が鳴ります。もう一度、しっかりと読み取り部にタッチしてください。

ディスプレイにカード残額などが表示されます。

ディスプレイに、カード残額・ポイント残高、ご利用額などが表示されますので、通過する際にご確認ください。

  • manaca定期券をご利用の場合、定期券の有効期限14日前からは有効期限も表示されます。
  • カード残額が0円の場合でも入場できます。残額不足の場合は、下車時にチャージしてください。

簡易改札機のご利用方法

名鉄尾西線弥富駅および豊鉄渥美線各駅の改札機は、簡易改札機です。簡易改札機には、「入場用」と「出場用」がありますので、乗車時には「入場用」、下車時には「出場用」にタッチしてください。

豊鉄市内線でのご利用方法

豊鉄市内線では、車内にバス同様のIC対応車載機を設置しています。乗車されるとき、読み取り部にmanacaをしっかりタッチしてください。カード残額・ポイント残高から運賃を減額します。
豊鉄市内線は、全線均一運賃です。

こんなときはmanacaを読み取れない場合があります

  • 改札機にしっかりタッチされなかった場合
  • 小銭や金属などの電波をさえぎるものや、他のICカード(IC運転免許証、IC電子マネーカードなど)と一緒にタッチされた場合
  • パスケースなどにmanacaや他の交通系ICカードが2枚以上入っている場合

manacaが読み取れない場合は、他の交通系ICカードから運賃が減額されたり、次回ご利用いただけない場合がありますのでご注意ください。

出場時にカード残額不足となった場合

チャージ機または精算窓口でチャージします。

出場時にカード残額・ポイント残高が不足している場合はチャージ機または精算窓口でチャージしてください。チャージは、1,000円単位です。

改札機にタッチして通過します。

manaca対応の改札機の読み取り部にmanacaをしっかりタッチしてください。

チャージできる場所や金額には制限がありますので、あらかじめチャージしてご乗車ください。

ご注意ください

  • manacaは、他のmanacaや乗車券などと併用してご利用いただけません。
    manaca以外の乗車券で乗り越した区間の運賃をmanacaのカード残額で精算される場合や、他社線との乗換改札口をご利用の場合を除きます。
  • 豊鉄渥美線の一部の駅にはチャージ機がありません。出場時にカード残額・ポイント残高が不足となった場合には、次回ご利用時までに豊鉄チャージ機設置駅(新豊橋、南栄、高師、大清水、三河田原)でチャージおよび出場の処理を行ってください。

ページの先頭へ