manacaの安心機能

manacaをより便利にご利用いただくために、manacaに安心機能を設定することができます。設定をご希望の場合は、manaca取扱窓口にお申し出ください。

電子音でお知らせ

改札機ご利用時や、バス運賃の精算時に、カード残額が少なくなったことや定期券の有効期間終了が近づいたことをお知らせする電子音を設定することができます。

購入時の状態 電子音設定後
manacaのカード残額ご利用時 「ピピッ」 通常 「ピピッ」
カード残額1,000円以下のとき 「ピピピッ」
manaca定期券の定期券区間内ご利用時 「ピッ」 通常 「ピッ」
定期券有効期間が残り14日以内のとき 「ピッピッ」

名鉄バスの場合は、定期券の有効期間が7日以内となったことをお知らせする設定となります。

定期券有効期間外のカード残額利用停止

定期券の有効期間外のmanaca定期券をご利用になると、ご乗車区間の運賃はカード残額・ポイント残高から自動的に減額されます。定期券の有効期間外であることに気づかずに減額されることがないよう、定期券の有効期間外は改札機やバス車載機でのカード残額・ポイント残高利用ができないように設定することができます。

定期券の有効期間外にmanaca定期券をご利用になる場合

購入時の状態 「カード残額利用停止」設定後

カード残額・ポイント残高から運賃を減額します。

有効期間外であることを気づかずに減額された場合でも、払いもどしはいたしません。

カード残額・ポイント残高によるご乗車はできません。

自動券売機などでの乗車券類の購入や、電子マネー取引にはご利用いただけます。

ページの先頭へ