manacaの種類

manacaは、何度でもチャージ(入金)できて、電車・バスのご乗車やお買い物にご利用いただけるICカードです。

大人用

どなたでもご利用いただける「無記名式」と、お名前などを登録したご本人のみがご利用いただけ、紛失しても再発行ができる「記名式」があります。

無記名式manaca 記名式manaca manaca定期券

無記名式manaca

記名式manaca

manaca定期券

どなたでもご利用いただけるmanacaです。 記名人ご本人のみがご利用いただけるmanacaです。 定期券機能を付加した記名式manacaです。
チャージしておけば、定期券の区間外からのご乗車や区間外への乗越しの場合も、改札機やバス車載機にタッチするだけで自動的に運賃を精算できます。
発売額(2,000円)=ご利用可能額(1,500円)+デポジット(500円) 発売額(2,000円)=ご利用可能額(1,500円)+デポジット(500円) 発売額=定期運賃+デポジット(500円)
紛失した場合の再発行はできません。 紛失した場合、再発行ができます。 紛失した場合、再発行ができます。
ご購入時の登録は不要です。なお、購入後でも氏名・生年月日・性別・電話番号の登録により、「記名式manaca」に変更することができます。 購入時に、氏名・生年月日・性別・電話番号の登録が必要です。 購入時に、氏名・生年月日・性別・電話番号の登録が必要です。
定期券を払いもどしすると、「記名式manaca」になります。

購入方法はこちら

小児用

小児用manacaの対象年齢は、12歳となる年度の3月31日までです。4月1日以降は、manaca取扱窓口で「大人用・記名式manaca」に変更することができます。小児用manacaは、原則として1名様につき1枚の発行となります。

記名式manaca小児用 manaca定期券小児用

記名式manaca小児用

manaca定期券小児用

記名人ご本人のみ小児運賃でご利用いただけるmanacaです。 定期券機能を付加した小児用・記名式manacaです。
チャージしておけば、定期券の区間外からのご乗車や区間外への乗越しの場合も、改札機やバス車載機にタッチするだけで自動的に運賃を精算できます。カード残額を利用して乗車されるときも、小児運賃が適用されます。
発売額(2,000円)=ご利用可能額(1,500円)+デポジット(500円) 発売額=定期運賃+デポジット(500円)
紛失した場合、再発行ができます。 紛失した場合、再発行ができます。
購入時に、氏名・生年月日・性別・電話番号の登録に加え、ご本人の公的証明書(健康保険証など)のご呈示が必要です。 購入時に、氏名・生年月日・性別・電話番号の登録に加え、ご本人の公的証明書(健康保険証など)のご呈示が必要です。
定期券を払いもどしすると、「小児用・記名式manaca」になります。

購入方法はこちら

発行事業者による違い

  • 名古屋鉄道、名鉄バス、豊橋鉄道、愛知高速交通では、株式会社エムアイシーが発行するmanacaを販売します。
  • 名古屋市交通局、名古屋臨海高速鉄道、名古屋ガイドウェイバスでは、株式会社名古屋交通開発機構が発行するmanacaを発売します。
  • 電車やバスでのご利用や定期券機能の付加、お買い物でのご利用は、株式会社エムアイシー発行のmanaca、株式会社名古屋交通開発機構発行のmanacaで同じようにご利用いただけます。
  • μstar」会員登録は、株式会社エムアイシー発行(名古屋鉄道、名鉄バス、豊橋鉄道、愛知高速交通が発売)の記名式manacaが対象となります。
  • 記名式manacaには、名古屋市交通局および名古屋臨海高速鉄道が発売する「割引用manaca」もございます。(名鉄電車、豊橋鉄道および愛知高速交通ではご利用いただけません。)

くわしくは、各事業者のmanaca取扱窓口へお問い合わせください。

ご注意ください

  • 記名式manacaおよびmanaca定期券は、法人名義での購入はできません。
  • 記名式manacaおよびmanaca定期券から、無記名式manacaへの変更はできません。
  • ご購入時の個人情報は、正確にご記入ください。誤った情報が登録されていますと、紛失時などに再発行ができない場合があります。
  • 紛失した場合の再発行は、再発行手数料および新しいカードのデポジットが必要です。

ページの先頭へ