2012年4月から東海地方初の「学生証一体型manaca」を発行します

2011年12月19日

名古屋鉄道株式会社(本社 : 愛知県名古屋市、代表取締役社長 : 山本 亜土)と株式会社メイテツコム(本社 : 愛知県名古屋市、代表取締役社長 : 日比 喜博)は、2012年4月から、名古屋産業大学(愛知県尾張旭市、学長 : 伊藤 雅一)、学校法人滝川学園(本部 : 愛知県名古屋市、理事長 : 滝川 嘉彦)が運営する名古屋文理大学同短期大学部および、学校法人名栄学院(本部 : 愛知県名古屋市、理事長 : 滝川 嘉彦)が運営する名古屋文理栄養士専門学校に、東海地方で初となる、学生証とmanacaが一体となった「学生証一体型manaca」を発行します。

これにより、各大学・学校において、manacaの認証機能を活用した出欠・入退室などの学修管理や図書館管理、証明書発行などの各種学内システムへの対応が可能となるとともに、定期券として通学での利用に加え、学内の食堂や売店、自動販売機などにもmanaca電子マネー決済を導入することで、学生の利便性の向上を図ります。

「学生証一体型manaca導入」の詳細は、下記のとおりです。

「学生証一体型manaca」イメージ

イメージ1

【左】名古屋産業大学

イメージ2

【右】名古屋文理大学

導入時期

2012年4月(予定)から順次導入をしてまいります。

導入予定大学・学校

名古屋産業大学(所在地 : 愛知県尾張旭市新居町山の田3255-5)

最寄駅 瀬戸線 尾張旭駅
学生数 約800名
導入内容(予定) 出欠管理、就業力育成データ管理、学生食堂、学内自動販売機、学内コンビニ、学生サポートセンター

名古屋文理大学(所在地 : 愛知県稲沢市稲沢町前田365)

最寄駅 名古屋本線 国府宮駅
学生数 約840名
導入内容(予定) 証明書発行機、図書館管理、入退室管理、学生食堂、学内自動販売機、学生窓口

名古屋文理大学短期大学部(所在地 : 愛知県名古屋市西区笹塚町2-1)

最寄駅 地下鉄鶴舞線 庄内通駅
学生数 約360名
導入内容(予定) 証明書発行機、図書館管理、学内自動販売機、学生窓口

名古屋文理栄養士専門学校(所在地 : 愛知県名古屋市西区東岸町2-53-1)

最寄駅 地下鉄鶴舞線 庄内通駅
学生数 約160名
導入内容(予定) 証明書発行機、図書館管理、学内自動販売機、学生窓口

以上

ページの先頭へ