名古屋鉄道 - MEITETSU

9500系・9100系

解説

通勤車である3300系(2M2T組成)・3150系(1M1T組成)の後継として、9500系(2M2T組成)が2019(令和元)年に、9100系(1M1T組成)が2021(令和3)年にデビュー。3300系・3150系をベースとし、そこに先進性を加えた車両である。正面は、名鉄カラーのスカーレットレッドを多用して名鉄らしさを表現しつつ、LEDヘッドライトと組み合わせることで、精悍でシャープな印象に仕上げてある。座席はオールロングシートとし、全車両に優先座席とフリースペースを設置。インバウンドへの対応を強化しており、乗降ドア上部の車内案内表示器は4カ国語に対応、駅ナンバリングを併記する。これまでは特急車両にのみ提供していたMeitetsu Free Wi-Fiを、通勤車で初めて搭載した。犯罪抑止として、名鉄として初となる車内防犯カメラを設置している。車両に不具合が発生した場合に備え、通信回線を使用して車両の情報を地上側のシステムに送信する機能も備えている。