仕事内容

総合職の特徴

中部圏をリードする経営者を目指すのが、
名古屋鉄道の総合職。
創業から120年を超え、鉄道事業をはじめ数多くの事業を通じて“街づくり”に貢献してきた名古屋鉄道には、今後、次の100年を見据え、この地域に“新たなる価値”を提供することが求められています。こうしたなかで、さまざまな経験を積み成長しながら、将来的には中部圏をリードする経営者を目指すのが、名古屋鉄道の総合職です。

名古屋鉄道・名鉄グループの経営者候補

総合職は、名古屋鉄道及び名鉄グループの経営者候補として採用されます。多様な事業を展開し、さまざまなノウハウを持つ名鉄グループの力を集結させれば、自身の考えやアイデアを形にすることも可能です。経営者という高い目標を常に持ち、この地域をリードできる存在を目指します。

ジョブローテーションによる多様なキャリア

経営者になるためには、専門性を高めることはもちろん、変化の激しい時代に未来を見据えるため、さまざまな角度から物事を見通すことができる経験が重要となります。そのため総合職は、グループ会社への出向を含めたジョブローテーションを通じてさまざまな企業や部門でキャリアを積みます。異動先では、それまでとは全く違うフィールドでビジネスを展開することも多く、多様な経験・スキル・人脈を築くことができます。

少数精鋭

名古屋鉄道の総合職は、選考試験で一人ひとりとしっかり向き合い、個々の資質や能力・人柄などを総合的に見極めたうえで採用するため、少数精鋭の集団となります。そのため入社後も、それぞれの適性や能力を十分に考慮したうえで、研修や配属を行うことが可能となります。また、少数で全員の顔や特徴がわかるからこそ、同期の結束が強いほか、先輩や後輩との距離も近くなり、お互いに刺激を与え合う良い人間関係を築きながら成長していくことができるのです。

総合職の仕事一覧

■ 鉄道事業部門

鉄道事業部門では、人々の移動を支える鉄道が、安全・安定かつ快適にご利用いただけるよう、「保安設備の導入」をはじめとするハード面から、「従業員の管理・教育」などのソフト面まで、様々な施策を検討しています。また、常に鉄道事業の現状を分析し、中長期にわたる鉄道事業計画の方向性を様々な角度から策定するほか、より多くのお客さまに鉄道をご利用いただけるよう、鉄道旅行商品、沿線ハイキングなどのイベントも企画しています。

■ 不動産事業部門

不動産事業部門では、愛知・岐阜を中心に点在する保有資産の有効活用や駅ナカビジネスなど、沿線価値の向上に取り組んでいます。 部門の中でも担当は様々で、既存テナントへのサポート業務や物件ごとの収支管理、新規テナントの誘致、商業施設などの開発、 既存建物のメンテナンス業務、分譲団地の計画及び企画・販売、保有する土地の売買・管理など、仕事は多岐にわたります。 不動産事業は鉄道事業に並ぶ当社の大きな柱であり、各分野で連携を取りながら日々の業務を進めています。

■ グループ統括部門

名鉄グループは、交通、運送、不動産、レジャー・サービス、流通など多彩な事業を展開しています。グループ統括部門では、名鉄グループとしてのビジョンや経営計画を策定し、グループ各社の経営管理、事業支援、事業再編を通じてグループの全体最適を実現していくことがミッションです。
また、グループのネットワークを活用し、インバウンド事業、グループクレジットカード「名鉄ミューズカード」、多様なプロモーションの推進を通じてグループ全体の営業力強化を図っています。

■ スタッフ部門

各事業部門のほかに、人事・財務・総務・広報などの部署で名古屋鉄道および名鉄グループ全体を管理・サポート・推進する業務を行っています。
社員一人ひとりを様々な角度から支えることで、最大のパフォーマンスを発揮できるようにする、「社員と会社をつなぐ」役割を果たしています。

■ グループ会社への出向

名鉄グループ全体の経営を担っていく総合職は、ジョブローテーションの中でグループ会社へ出向する機会があります。それぞれの事業を通じ、より幅広い人脈や経験・知識を身につけていきます。

■ 土木部門(技術系)

土木部門は、全国の私鉄の中でも非常に長い線路のほかに、駅・橋・トンネルなど土木施設全般の保守を行います。また、国や自治体と協力して鉄道の高架化工事を積極的に推進しているほか、「人にやさしい駅」づくりを目指し、エレベーター・スロープの設置をはじめとするバリアフリー化工事も担当しています。

■ 車両部門(技術系)

車両部門は、年数や走行距離などにより基準を設けて実施する車両検査計画を立てるほか、車両故障や不具合の原因究明及び再発防止策の検討などを行います。また、新造車両の仕様検討や改造工事の設計、車両検査設備の更新なども実施します。

■ 電気部門(技術系)

電気部門は、「変電所」「電車線路」「信号設備」「通信設備」など、非常に多岐にわたる設備の状態を保ちながら中長期的な更新計画を策定し、導入する設備の仕様検討、工事の発注及び管理を担当します。