安全・安心の先にある、
お客さまのココロを動かす仕事を目指す。

氏永 桃子Ujinaga Momoko

鉄道事業本部 運転保安部 名古屋乗務区 2014年入社 文学部卒

Career Step

Step1
入社1年目は駅員として勤務。配属先は名鉄名古屋駅だったためお客さまの数が多く、さまざまな問い合わせに対応。どんなことにお困りなのか、どう対応すればいいのかを身をもって体験。
Step2
2年目からは実際に乗務する車掌に。担当路線には特に乗降が多い路線もあるためプレッシャーは大きいが、安全を守るという使命感を強く持ちながら日々の車掌業務に専念。
Step3
近々、運転士へのチャレンジを考えている。自分のキャリアとしても、人間性の面でも、大きなステップアップを目指している。

入社動機・仕事内容

大学生になり、名鉄を利用して通学するようになりました。ある日、電車の中でぼんやりしていると、女性のアナウンスが聞こえてきたんです。「えっ、女性?」と衝撃。男性が行うものだという先入観があったんですね。直感で、この仕事は楽しそうだなと思いました。まだ大学1年生だったので就職のことはまったく意識していませんでしたが、その瞬間に「将来は鉄道会社で働くんだ!」と挑戦することを決めていましたね。

鉄道会社を目指すきっかけとなった名古屋鉄道から内定をもらい、念願叶って入社。現在は車掌業務を行っています。車掌は、ドアの開閉や車内巡回、そして入社のきっかけになった車内アナウンスなどさまざまな役割を担っています。名古屋鉄道は5つの乗務区に分かれていて、私は名古屋本線を主に担当する名古屋乗務区に所属。名古屋本線は当社でも最大の路線のため、利用するお客さまの数が多く、責任の大きさを一段と感じています。

仕事のやりがい

お客さまとのふれあいが、やはり一番の喜びです。今でも覚えているんですが、初めてのアナウンスはとても緊張し、自分でもぎこちないなと感じていました。すると、「アナウンスはまだまだだけど、がんばってるね」とお客さまから感想をいただきました。恥ずかしさも正直ありましたが、うれしかったですね。

また、こんなこともありました。私が乗車していた電車からおじいさんが降りてきて、突然声をかけてこられたんです。「アナウンスの声はあなただったんだね。優しい声だね。あなたのような車掌さんがもっと増えるといいね」と。涙が出そうになりました。実は、研修中から私はアナウンスに苦手意識を持っていたので、余計に私のアナウンスが少しでもお客さまの心を動かすことができたということがうれしかったです。めげずに努力してきた成果が小さいながらも実り、「上手い下手じゃない。心を込めてアナウンスすることが大切なんだ」と自信を持てたきっかけとなりました。

今後の目標

名古屋鉄道の乗務員の中では、女性の数はまだまだ少ないのが現状。でも、女性社員同士すごく仲が良いですよ。冗談を言い合ったり、先輩には、仕事でもプライベートでもいろいろ相談に乗ってもらいました。入社前は男社会のイメージが強かったんですが、そんなことはありません。女性も活躍できる舞台であり、モチベーション高くいられます。

名古屋乗務区では現在7人の女性運転士が活躍しています。次は私も運転士にチャレンジしたいと考えています。運転士になるには、2年以上の車掌業務を経て運転士の選抜試験を受けます。その後、半年以上の学科・現場教習を経て、最終試験。覚えることも非常に多く、今以上に努力が必要ですが、絶対になってみせます。

私がそうだったように、私のアナウンスを聞いた学生さんが名古屋鉄道を志望してくれたら、こんなうれしいことはありません。そして入社後、運転士である私を見て「自分もなりたい!」と思ってもらえるような存在になれるよう、もっともっと自分を磨き上げていきたいですね。