杉本美術館

催事

ー杉本美術館 最終展ー
絵に生きた画家 杉本健吉

2021年9月16日(木)~2021年10月31日(日)

 昭和62年(1987)年4月の開館から、30年余にわたって杉本健吉の作品をご鑑賞いただいてきた愛知県美浜町の杉本美術館は、この10月末日をもって、閉館することになりました。
 杉本美術館にお越しいただいた多くの皆様、ご支援ご協力をいただいた皆様に、厚くお礼申し上げる次第です。
 この杉本美術館での最終展示として「絵に生きた画家 杉本健吉」展を開催いたします。明治に生まれ、大正、昭和、平成に至る98年の生涯にわたり、絵を描き続けた杉本健吉の画業は、その幅広さや点数でも膨大なものがあります。杉本美術館の限られたスペースでは、その一端しか皆様にご紹介できないのですが、それでも、絵に生きた杉本健吉の画業の一端は、ご紹介できるのではないかと思います。
 杉本美術館の自然豊かな景観とともに、最終展示「「絵に生きた画家 杉本健吉」展をご鑑賞いただければ幸いです。