有楽苑について

施設概要

有楽苑

犬山城の東にある有楽苑には、国宝茶室如庵重要文化財旧正伝院書院、古図により復元された元庵、茶会のために新築された弘庵などがあり、静かなたたずまいをみせています。如庵は、茶の湯の創世期に尾張の国が生んだ大茶匠・織田有楽斎が建てた茶室で、昭和11年に国宝の指定をうけた茶道文化史上貴重な遺構です。京都山崎妙喜庵内の待庵、大徳寺龍光院内の密庵とともに、現存する国宝茶席三名席の1つです。
織田有楽斎は信長の実弟として天文16年(1547)に生まれました。波瀾に富んだ人生を送った有楽の生涯を写すがごとく茶室如庵は各地を点々としましたが、昭和47年に犬山城下の佳境の地に移築され、「有楽苑」と名付けられました。

有楽苑では苑内の茶室、広芝生を茶の湯の席として一般の方にご利用いただいています。有楽斎好みの意匠を施した元庵。大寄せの茶会を催すなら、広間のある弘庵。広芝生での野点も、野趣に満ちて粋なもの。
普段の来苑の際には、弘庵にて呈茶サービスをご利用いただけます。
(呈茶料:一服 600円)
一口味わうごとに、心まで落ち着いてくるから不思議です。

また、有楽苑では赤絵の染め付けと、紅葉などの文様で名高い犬山焼きを、お求めいただけます。また、有楽斎や如庵にちなんだ記念の茶碗をはじめ、上品な茶菓子など。有楽苑ならではのお土産品が揃っています。

春

夏

秋

冬

有楽苑案内図

有楽苑案内図

如庵(じょあん)

柿葺(こけらぶき)の端正な外観を示すこの茶室の内部は二畳半台目で床脇にウロコ板を入れ斜めの壁を作っているところから「筋違いの囲」といわれています。
古暦を腰貼りにした暦貼り、竹を詰め打ちにした有楽窓、躙口の位置等随所に独創的な工夫がこらされています。

旧正伝院(しょうでんいん)書院

元和4年如庵(じょあん)に隣接して建てられた有楽斎の隠居所で入母屋造の温和な外観を示し、南側の主室は茶座敷にもふさわしい構えとなっています。
また、内部に残る長谷川等伯・狩野山雪などの襖絵は美術史上貴重な資料となっています。

元庵(げんあん)

有楽斎が大阪・天満に構えた茶室を古図にもとづいて復元。三畳台目の茶室内部は奥に深い間取りで、亭主床と呼ばれる床構えになっています。

弘庵(こうあん)

苑内で四季折々催される茶会のために新築された茶席。蹲踞は水琴窟(すいきんくつ)とよばれる仕掛けで、反響する水音が琴のように風雅な音色を奏でます。

S