音声読み上げソフトをご利用のお客様へ。

6500系

6500

6500系

解説

6000系の発展型として界磁チョッパ・回生ブレーキを採用した省エネルギー車両として、1984(昭和59)年に6500系(2M2T組成)がデビュー。正面を非貫通型としてスタイルを一新したほか、扉の位置を先頭車と中間車を同一にして整列乗車に対応した。片側3扉のセミクロスシート車であるが、6000系のシートよりも大型化し居住性の向上を図った。平成元年の増備車からは前面を大型曲面ガラスに側面を連続窓に変更するなど、大幅にモデルチェンジを行った。また、最終増備の2編成はラッシュ時の混雑緩和を考慮してオールロングシート車で登場した。

わたしの名鉄駅

電車のご利用案内

  • 名鉄まるわかりブック
  • 名古屋鉄道ショッピングモール「Mモール」オリジナルグッズのご案内
  • 電車沿線ハイキング
  • メール配信サービス

ページの先頭へ