音声読み上げソフトをご利用のお客様へ。

6000系

6000

6000系

解説

1976(昭和51)年、通勤型車両のエースとして6000系(2M2Tまたは1M1T組成)がデビュー。 名鉄では久々に3扉車となり、ラッシュ時の混雑緩和に威力を発揮した。 当初は小型の固定クロスシートが配置されていたが、現在はロングシート化されている。また、増備が1985(昭和60)年まで長期にわたったため、多数のバージョンが存在している。1977(昭和52)年に通勤型車両としては初めてブルーリボン賞を受賞した。 なお、一部は1997(平成9)年からワンマン化改造が西尾・蒲郡線向けに、その後三河線向けに行われた。
また、2014(平成26)年から2両編成の三河ワンマン車両を対象に車体重整備を施工し、客室環境の改善と内装を一新した車両が順次登場している。

わたしの名鉄駅

電車のご利用案内

  • 名鉄まるわかりブック
  • 名古屋鉄道ショッピングモール「Mモール」オリジナルグッズのご案内
  • 電車沿線ハイキング
  • メール配信サービス

ページの先頭へ