音声読み上げソフトをご利用のお客様へ。

5700系・5300系

5700

5700系・5300系

解説

5700系(2M2T組成)は1986(昭和61)年、本線系の急行用車両としてデビュー。車掌台側のガラスを大型のものにして「パノラマカー」以来の伝統である前面展望を確保している。 片側2扉の転換クロスシート車でありながら1400mmの両開き扉を採用、出入口付近のスペースを広くしてラッシュ対策を考慮しているほか、扉付近に折りたたみの補助イスを設け閑散時の着席率向上をはかっている。

5300系(2両または4両の全車M組成)は5700系と同じ車体と、廃車となった初期のカルダン5000・5200系の足まわりを組み合わせた車両として登場。制御装置は私鉄では初めての界磁添加励磁制御で回生ブレーキ付。

5701および5702編成は、1989(平成元)年に中間車を新造して6両となった。
5600形は2010(平成22)年、この2編成のうち2号車と3号車を外し廃車となる5300系の運転台を取付け、5700系として4両組成を増備した。これにより5700系はすべて4両固定編成となった。

5700形と5600形との見分け方

5600系

5600形

5600形は先頭車両の運転台すぐ後ろに側窓がなく、出入口が運転台よりになっている。
客室内は運転台すぐ後ろに座席がなく、フリースペースとなっている。

わたしの名鉄駅

電車のご利用案内

  • 名鉄まるわかりブック
  • 名古屋鉄道ショッピングモール「Mモール」オリジナルグッズのご案内
  • 電車沿線ハイキング
  • メール配信サービス

ページの先頭へ