名鉄資料館:特別展 「尾西線120周年と東西直通70周年写真展」 - 名鉄のオススメ | 名古屋鉄道
音声読み上げソフトをご利用のお客様へ。

名鉄資料館

特別展 「尾西線120周年と東西直通70周年写真展」(平成30年 春季特別展)

開催期間 : 2018.5.25~2018.9.28


尾西線は、名古屋鉄道の前身のひとつ尾西鉄道が建設した路線で、明治31年4月3日弥富~津島間が開通。今年開業120年を迎えます名鉄全線で最も古い路線です。その後順次路線を伸ばし、明治33年1月には新一宮、大正3年8月には木曽川橋まで開通、尾西地方の発展に貢献しました。大正11年から順次電化を進め、同14年には路線を名古屋鉄道に譲渡し、尾西線となりました。

名古屋本線は、昭和19年9月神宮前~新名古屋間が開通、しかし東西の電圧が違うため直通運転は出来ませんでした。昭和23年5月16日名岐線の電圧を1500Vに昇圧し、豊橋~新岐阜間の直通運転を開始、直通運転を開始して今年で70周年を迎えます。尾西線開通120周年と東西直通運転開始70周年を記念して、開通当時の風景、当時活躍した車両等の写真展を開催します。


期間 平成30年5月25日(金)~9月28日(金)
事前予約が必要です (電話で希望日時とお名前、人数をお伝えください)
休館日 土・日曜日、祝日
開館時間 午前10時~午後5時
展示品

展示写真

○開業直後の尾西鉄道津島駅 明治31年
○森上停車場で出発を待つ尾西1号機関車
○尾西鉄道木曽川線 木曽川橋停留所 大正初期
○尾西鉄道 玉ノ井停車場
○尾西鉄道合併時の津島駅 大正14年
○複電圧時代の新一宮駅構内で入換運転をする蒸気機関車
○森上駅で入換中のSL13号 昭和32年
○特急運転開始の発車式の5000系 津島駅
○豊橋~新岐阜間特急列車 新造車3800形
○神宮前~新名古屋間工事の模様
○直通運転記念ポスター

展示物

○尾西鉄道 弥富~津島~新一宮間全通時の汽車発着時刻表
○尾西鉄道列車運行図表 大正8年
○尾西線列車運行図表 昭和15年
○戦後すぐの名鉄電車路線図
○名古屋駅本線列車運行図表 昭和23年5月改正
○直通運転開始時の時刻表 昭和23年
○直通運転記念絵葉書
○尾西線 開業100周年記念乗車券

交通 名鉄広見線 日本ライン今渡駅下車 徒歩25分(駅に案内図あり) タクシー5分
問合せ先 名鉄資料館
岐阜県可児市川合北2-158
(0574)61-0831

ページトップへ