大規模分譲団地「名鉄 陽なたの丘」東側区画の分譲を平成24年度に開始します

2011年9月27日

名古屋鉄道は、愛知県知多郡阿久比町で平成21年9月から分譲を開始した大規模分譲団地「名鉄 陽なたの丘」の西側区画(1・2工区、374区画)に引き続き、平成24年度中の分譲開始を目指し、東側の住宅用に細分割を施していない大区画(3工区、320区画)の再造成工事に今年10月中に着手する予定です。

「名鉄 陽なたの丘」は、「みらい、てらす街。」のタウンコンセプトのとおり、丘陵地の南側斜面の自然豊かな環境に囲まれた団地で、西側区画の分譲開始以来、「自然の中で子どもをのびのび育てたい」、「のどかな暮らしをしたい」といったお客様に高い評価を得ています。また、大規模開発ならではの「土地の広さ」、「ゆったり感」、「陽あたりの良さ」に加え、充実したセキュリティー環境などの点でも高い評価をいただき、10社を超える大手ハウスメーカー協力体制のもとで高級感あふれる街づくりを進めた結果、約2年間で約1,500組のお客様にご来場いただき、西側区画の総販売区画数は331区画(9月25日現在、申込・契約含む)となっています。

残りの43区画についてもお問い合わせが多く、更なる需要が期待できるため、東側区画についても既購入者様に好評を博している「土地の広さ」、「ゆったり感」、「陽あたりの良さ」を実現する「南向きひな壇造成(60坪以上)」とし、また建物設計の自由度が増す「整形区画」を基本とした商品設計で宅地化し、分譲します。

なお、竣工時期は、平成25年3月の予定ですが、平成24年秋頃に予定している一部区画の部分竣工に合わせ、順次分譲を開始する予定です。

「名鉄 陽なたの丘」東側区画の分譲の詳細は以下のとおりです。

対象地住所知多郡阿久比町陽なたの丘5~8丁目名鉄河和線・阿久比駅から団地入口まで徒歩17分
対象地面積約90,419m2(27,351坪)
区画数320区画
商品設計「南向きひな壇造成」「土地面積60坪以上」「整形区画」を基本
工事着手平成23年10月中
工事竣工平成25年3月(予定)平成24年秋頃、一部区画の部分竣工を予定
施工業者株式会社銭高組 名古屋支店
工事監理名鉄不動産株式会社
販売方法、販売価格未定
販売時期平成24年秋以降

参考 名鉄陽なたの丘全体図と再造成対象

参考画像

以上

ページの先頭へ