~1000系から6000系まで、名鉄電車6シリーズが勢揃い!~ 「サイコロ型乗車券」を5月29日(土)から発売します

2010年5月26日

名古屋鉄道は、現在活躍中の車両 1000系シリーズから6000系シリーズまでの6シリーズのうち、特色ある車両をデザインした「サイコロ型乗車券」(組立式)を5月29日(土)~12月31日(金)まで発売します。

この乗車券は、1000系パノラマスーパーや2000系ミュースカイなど6種類の車両を、サイコロの1から6の目にデザインした台紙に、二ツ杁駅からの大人片道乗車券(340円区間)および五ノ三駅からの大人片道乗車券(160円区間)をセットにしたもので、発売部数は限定4,000セット、発売価格は500円です。サイコロにちなみ、駅名や金額に1から6の数字が入っており、サイコロとして使う際には、台紙から切り離して組み立てる仕組みです(1辺 : 5.4cm)。

名鉄名古屋駅サービスセンター、豊田市駅、東岡崎駅、金山駅、栄町駅、名鉄一宮駅、名鉄岐阜駅、犬山駅、豊橋駅、中部国際空港駅、および名鉄ホームページ「Mモール 」において発売します。

「サイコロ型乗車券」の詳細は、下記のとおりです。

「サイコロ型乗車券」デザイン

「サイコロ型乗車券」デザイン

組み立てた「サイコロ型乗車券」

組み立てた「サイコロ型乗車券」
完成図

名称サイコロ型乗車券
発売および通用期間平成22年5月29日(土)~12月31日(金)
発売部数4,000セット(売切れ次第終了します)
内容1000系パノラマスーパーや2000系ミュースカイなど6種類の車両を、サイコロの1から6の目にデザインした台紙に、二ツ杁駅からの大人片道乗車券(340円区間)および五ノ三駅からの大人片道乗車券(160円区間)をセットにしたもの
発売金額500円
発売箇所 名鉄名古屋駅サービスセンター、豊田市駅、東岡崎駅、金山駅、栄町駅、名鉄一宮駅、名鉄岐阜駅、犬山駅、豊橋駅、中部国際空港駅、名鉄ホームページ「Mモール (5月29日(土)に開催の「第4回 名鉄でんしゃまつり」の会場でも発売します。【ご注意】 但し、名鉄でんしゃまつりの会場には、事前の申込みで当選した方のみご入場いただけます。なお、事前の申込みは既に終了しています。

参考(掲載車両)

1000系シリーズ 1000系パノラマスーパー
昭和63年にデビューした特急専用車。 前面展望を満喫できるハイデッカー展望席が特徴。全車特別車特急として運用されていた1000系4両編成は、平成20年12月26日をもって定期運行を終え、現在は、1000系2両と一般車の1200系4両で組成された一部特別車特急のみ運行している。 
2000系シリーズ 2000系ミュースカイ
平成17年1月の空港線開業に合わせて、中部国際空港(愛称 : セントレア)へのアクセス専用車両として営業運転を開始。車体外観は、洋上空港へ向かう車両として、「空と海」の爽快なイメージから連想する「青と白と水の透明感」をコンセプトとしたデザイン。平成17年にグッドデザイン賞を受賞し、平成18年には鉄道友の会からローレル賞を受賞した。
3000系シリーズ 3300系
通勤車として平成16年にデビュー。名古屋本線系を運用する車両として、はじめてステンレス車体を採用した。
4000系シリーズ 4000系
平成20年8月に瀬戸線の栄町乗り入れから30周年を迎え、車両の近代化を図るため同線専用の通勤型車両として新造。当社の通勤型車両では初めて各ドアの上部にカラー液晶画面の表示器を取付け、運行案内などわかりやすい情報提供をしている。
5000系シリーズ 5000系
平成20年にステンレス車体通勤車としてデビュー。全車特別車特急に使用していた1000系の主要機器を再利用して、ステンレスで新造した車体と組み合わせた。
6000系シリーズ 6000系
昭和51年、通勤型車両のエースとしてデビュー。昭和52年に通勤型車両としては初めてブルーリボン賞を受賞した。

 以上

ページの先頭へ