12月10日に豊田スタジアムで開催の「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップジャパン2007」に電車の増発等を実施

2007年12月5日

名古屋鉄道は、12月10日(月)に豊田スタジアム(愛知県豊田市千石町7)で開催される「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップジャパン2007」の準々決勝戦(「浦和レッズ」対「12月7日開催の1回戦勝者」。19 : 30キックオフ)への見物客の利便を図るため、電車の増発、車両の増結を実施します。

なお、特に試合が延長した場合など、お帰りの際の列車の時刻には十分にご注意ください。

詳細は以下のとおりです。

試合名称TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップジャパン2007
開催日12月10日(月)
最寄駅三河線 豊田市駅

=豊田線方面=

【増発…3本】

下表のとおり、上り列車(計3本)を増発します。

種別豊田市(発) 上小田井(着)
普通22 : 0222 : 58
普通22 : 4623 : 46
普通23 : 120 : 10

=三河線方面=

【増結…1本】
猿投22 : 30発(豊田市22 : 45発)知立行き普通において、車両を2両から4両に増結します。

以上

ページの先頭へ