新岐阜百貨店跡地の商業施設建設計画の概要が決定 ~施設の愛称を募集~

2007年8月31日

名古屋鉄道は、かねて名鉄岐阜駅西側の新岐阜百貨店跡地(岐阜県岐阜市神田町9丁目1番地)における商業施設の建設計画について検討してまいりましたが、このほどまとまり、平成20年2月から建設工事に着手し、同年12月を目途にオープンする予定です。

新岐阜ビル

新岐阜百貨店跡地の利用計画については、将来の鉄道高架事業完了および土地区画整理事業の成熟を待って、本格的な開発計画を展開するまでの約15年間程度の暫定的な施設整備と捉え、計画の策定に際しては、鉄道とバスやタクシーへの乗換えがスムーズに行える機能配置を重視し、鉄道やバスをご利用いただくお客様や地域にお住まいのみなさまにご愛顧いただける買い回り性を高めた商業施設を目指しました。

今回新たに建設する建物は、鉄骨造地上2階建てで、建築面積は約3,300m2。1階および2階は店舗スペース(店舗面積 : 1階 約1,700m2、2階 約1,600m2)、屋上階は70台収容の駐車場です。施設全体のコンセプトとして「彩・食・健・美」を掲げており、「食」をメインに、健康・美しさ・彩りあるライフスタイルを提案するテナントを誘致します。1階には、このコンセプトに基づき、(株)パレ(本社 : 名古屋市熱田区神宮3、代表取締役社長 : 田村弘一)が運営する食品スーパー「パレマルシェ」の出店が内定しており、2階には飲食・物販など13店舗を今後、誘致します。

また、同施設に隣接する岐阜バスターミナルもあわせて改修される予定で、7月14日に供用を開始した名鉄岐阜駅新駅舎も含め、完成後は一帯の機能性や利便性が高まります。

なお、同施設が岐阜駅周辺の活性化と賑わい創出に貢献し、地域に愛される施設となるために、愛称を公募します。
愛称の募集は終了しました。決定した愛称については、こちらをご覧ください。)

新岐阜百貨店跡地の商業施設ならびに愛称公募の詳細は下記のとおりです。

所在地 岐阜県岐阜市神田町9丁目1番地
構造・規模 鉄骨造地上2階建(店舗2層 屋上駐車場)
建築面積 約3,300m2
延床面積 約6,000m2
店舗面積 約3,300m2(1階 約1,700m2 2階 約1,600m2
店舗概要 1階 食品スーパー(パレマルシェ)
2階 飲食・物販等13店舗
駐車場台数 70台(自走式、時間貸・無人精算ゲート方式、24時間営業)
スケジュール 平成20年2月頃 商業施設工事着工予定
平成20年12月頃 オープン予定

以上

ページの先頭へ