刈谷駅南口オフィスビル建設工事に着手

2007年6月20日

名古屋鉄道は、かねて刈谷駅南口において賃貸オフィスビル(仮称 : 刈谷駅南口オフィスビル)の建設計画を進めてまいりましたが、このほどまとまり、6月21日(木)に安全祈願祭を開催します。

同オフィスビルは、自動車関連産業が集積している刈谷市周辺におけるオフィス需要に対応するもので、名鉄三河線・JR東海道本線刈谷駅南口から徒歩約3分と交通利便性の高い場所に建設します。構造は鉄骨造9階建、延床面積は約3,900m2で、セキュリティを高めるため24時間の監視システムなどを導入します。平成20年3月の竣工を予定しています。

なお、同オフィスビル建設予定地を含む当社所有地では現在、立体駐車場(名鉄協商パーキング)やレンタカー営業所(ニッポンレンタカー名鉄)が営業しているほか、本年11月のオープンを目指してビジネスホテル「名鉄イン刈谷」の建設を進めており、完成後は刈谷駅南口にビジネス機能が集積し、利便性が高まることが期待されます。

刈谷駅南口オフィスビル建設工事の概要は下記のとおりです。

名称 刈谷駅南口オフィスビル(仮称)
所在地 刈谷市刈谷字東日成28-1(名鉄・JR刈谷駅南口から徒歩約3分)
構造 鉄骨造9階建
延床面積 約3,900m2
竣工 平成20年3月予定
刈谷駅南口オフィスビル(仮称)イメージパース

刈谷駅南口オフィスビル(仮称)イメージパース

以上

ページの先頭へ