名鉄名古屋駅など市内全37駅が名古屋市「エコ事業所」として認定 ~鉄道駅、病院では初の認定~

2007年6月8日

名鉄名古屋駅(名古屋市中村区名駅1)、金山駅(名古屋市熱田区金山町1)など名古屋市内の全37駅のほか、名鉄名古屋、神宮前、大曽根の各駅サービスセンター、名鉄本社(名古屋市中村区名駅1)と名鉄病院(名古屋市西区栄生2)が、6月6日(水)に名古屋市から「エコ事業所」として認定されましたので、お知らせします。

名古屋市の「エコ事業所認定制度」は、環境に配慮した取組みを自主的に、積極的に実施している事業所を「エコ事業所」として認定するもので、鉄道駅および病院としては当社施設が初めて認定されました。

これまでも当社では、環境方針「名鉄グループエコ・ビジョン」を制定し、各駅における乗車券のリサイクルやゴミ分別ボックスの設置のほか、省エネ型車両への更新、グリーン購入などを推進しています。今後も積極的に環境活動に取り組むとともに、エネルギー効率の高さから「環境にやさしい移動手段」といわれる鉄道の利用を促進してまいります。

詳しくは下記のとおりです。

認定日6月6日(水)
認定箇所
  1. 鉄道駅 (37箇所)

    (名古屋本線)東枇杷島、栄生、名鉄名古屋、山王、金山、神宮前、堀田、呼続、桜、本笠寺、本星崎、鳴海、左京山、有松、中京競馬場前
    (常滑線)柴田、大同町、大江、道徳、豊田本町、(築港線)東名古屋港
    (瀬戸線)大森・金城学院前、喜多山、小幡、瓢箪山、守山自衛隊前、矢田、大曽根、森下、尼ケ坂、清水、東大手、栄町
    (犬山線)上小田井、中小田井(小牧線)味鋺、上飯田

  2. 駅サービスセンター(3箇所)
    名鉄名古屋、神宮前、大曽根
  3. その他
    名鉄本社、名鉄病院

参考

「エコ事業者認定制度」の対象は、名古屋市に所在地があり、廃棄物の発生抑制・リサイクルの推進や、グリーン購入の実施などの取組みを自主的かつ積極的に実施している事業所です。

参考

当社は昨年に引き続き、「中部エコライフ・フェア2007(主催 環境省)」にブース出展し、環境への取組みをご紹介します。

「中部エコライフ・フェア2007」
日時6月16日(土)10時~19時、17日(日)10時~17時
場所オアシス21(名古屋市東区東桜)
内容当社ブースでは、乗車券をリサイクルしたトイレットペーパーや環境ポスターの展示などを行い、当社の環境問題に対する取組みを紹介します。

ページの先頭へ