中部国際空港駅で12月1日からクリスマス装飾を実施

2005年11月28日

~点灯式にはセントレアのキャラクター「なぞの旅人フー」サンタも登場~

名古屋鉄道では、開業後初めてのクリスマスを迎える空港線の中部国際空港駅(常滑市セントレア1丁目1 青山俊哉駅長)改札内コンコースにおいて、12月1日(木)から12月25日(日)まで、クリスマスツリーとリース、サンタクロースのマネキンを使ったクリスマス装飾を施します。

これは、同駅ご利用者にクリスマスムードを楽しんでいただくために実施するもので、開始当日の12月1日(木)午前11時から、大野保育園(常滑市大野町、後藤直美園長)の園児17名、青山俊哉同駅駅長ら約50名が参加して、クリスマスツリーの点灯式を開催します。式では園児と同駅長の合図による点灯開始のほか、会場において式典終了後、先着300名様にクリスマスプレゼント(キャンディー)の配布を行います。なお、式には中部国際空港セントレアのキャラクター「なぞの旅人フー」サンタも登場します。

今回の装飾ではメインとして空港アクセス特急「ミュースカイ」のロゴを飾り、シンボルカラーであるブルーを基調としたクリスマスツリー1基と、名鉄のCI(コーポレートアイデンティティ)マーク「MEITETSU」を飾り、名鉄車両のシンボルカラーである赤色が基調のクリスマスツリー1基の計2基を設置し、計約6,000個のLEDやスポットライトなどでライトアップします。このほか、6体(青色3、赤色3)のサンタクロースのマネキンや、クリスマスリースを柱や壁面などに飾り付けします。

中部国際空港駅クリスマス装飾の詳細は下記のとおりです。

日程 12月1日(木)から12月25日(日)
場所 空港線 中部国際空港駅改札内コンコース
装飾仕様
  1. クリスマスツリー(2基) 高さ6.3m、土台3.5m四方、LEDおよびスポットライト点灯
  2. クリスマスリース(1基) 直径1.2m
  3. サンタクロース(6体 うち青3体、赤3体) 身長90cm、マネキン
点灯式
  1. 日時 12月1日(木)午前11時~同11時15分
  2. 内容 参加者紹介、点灯合図、クリスマスプレゼント(キャンディー)
  3. 参加者 大野保育園児、青山俊哉同駅駅長ら計約50名、「なぞの旅人フー」サンタ
【完成予想図】
【完成予想図】

ページの先頭へ