南知多ビーチランドに新施設『南知多おもちゃ王国』オープン~平成18年(2006年)3月18日オープン~

2005年10月13日

名鉄グループの文化テーマパーク・アミューズメント施設や、カルチャーセンター・スイミングスクールなどを運営している株式会社名鉄インプレス(本社 : 名古屋市、社長 : 山崎隆治)は、運営する「南知多ビーチランド」(愛知県知多郡美浜町、所長 : 長谷川修平)に、新施設『南知多おもちゃ王国』を平成18年(2006年)3月18日(土)オープンすることを決定しました。

  • 『南知多おもちゃ王国』は、株式会社おもちゃ王国(本社 : 岡山県玉野市、社長 : 高谷昌宏)がフランチャイズ展開するテーマパーク「おもちゃ王国」を導入するものです。「おもちゃ王国」は現在、「レオマおもちゃ王国」「東京ドームシティおもちゃ王国」など全国6ヶ所で展開されていますが、中部地区には初進出になります。
  • 『南知多おもちゃ王国』は、多種多様なおもちゃを使って遊ぶ9つの「体験パビリオン」から成り立っています。おもちゃを介しての人と人(親子、こども同士)のふれあいを大切に、「遊びながら教えあい感じあう」心のもと、こどもの創造力を養うことをコンセプトとし、単なるレジャー施設にとどまらず、教育面にも寄与する施設を目指しています。
  • 『南知多おもちゃ王国』の導入にあわせ、観覧車やメリーゴーランドなどの「アトラクション」にも新機種を導入、リニューアルを図るほか、海が見えるシーサイド「レストラン」も新設します。
  • 『南知多おもちゃ王国』が、海の生きものと日本で一番ふれあえる水族園である「南知多ビーチランド」と連動することで、従来よりも魅力あふれる体験と遊びの施設を提供し、年間入場者を15万人以上増やすことを目指しています。またセントレアの開港で全国的にもその知名度をアップした知多半島の、より一層の活性化の一助となればと考えています。
  • 『南知多おもちゃ王国』の導入に伴う総投資額は約8億円です。今後、来年3月18日のオープンをめざし、株式会社おもちゃ王国と協同して、11月上旬から工事着工と事業を順次進めていきます。

『南知多おもちゃ王国』の展開内容

  • 水族園と遊園地からssなる総合海浜公園である「南知多ビーチランド」の遊園地ゾーンを、新たに『南知多おもちゃ王国』を導入することにより、リニューアルを図ります。
  • 基本コンセプトは、水族園を介しての「人と海の生きものとのふれあい」、水際を介しての「自然とのふれあい」、おもちゃを介しての「人と人とのふれあい」です。
  • スタッフのアイディアを元にした、手づくりのイベントなどを通し「遊びながら学び」、「学びながら遊ぶ」を実現します。
  • これまで遊園地ゾーンは、こども向けのアトラクションのほか、バーベキュー場などもあり、ファミリーで楽しめる施設となっていましたが、『南知多おもちゃ王国』を導入することにより、乳幼児を持つヤングファミリー層に的を絞り、より内容を充実した遊園地とすることを目指します。また、暑さや寒さはもちろん、雨天でも対応できる全天候型の施設です。
  • 「おもちゃ王国」は、1996年に岡山県玉野市に第一号がオープンしたテーマパークで、こどもたちがおもちゃ遊びを通して、創造力を養うことをコンセプトにスタートしました。「おもちゃ」は遊びのテーマごとに「体験パビリオン」に配置されており、こどもたちがそれらを自由に使って遊ぶことにより、創造力を養う単なる遊園地を越えた「創造型」施設です。
  • 『南知多おもちゃ王国』では、伊勢湾シーサイドというロケーションと水族園ゾーンの「南知多ビーチランド」とのコラボレーションを図ることにより、人と海の生きものとのふれあいや自然とのふれあいをも体験できる、より魅力ある「遊びの創造ランド」を目指します。

『南知多おもちゃ王国』の施設内容

  1. 「体験パビリオン」
    (おもちゃが玩具メーカーや遊びのテーマごとに配置され、こどもたちが自由に遊ぶことができます。)
    ダイヤブロックワールド、ピコピコハウス、木のおもちゃ館、まなびのハウス、ままごとハウス、トミカ・プラレールランド、アクションゲームワールド、シルバニアファミリー館、リカちゃんハウス
  2. 「アトラクション」
    (新たに「シードラゴンコースター」・「バイキング」を導入するほか、デザインも一新します。)
    観覧車、回転ボート、バッテリーカー、わんぱく砦、メリーゴーランド、チェーンタワー、スカイサイクル、イルカ号、ティーカップ、海底探検、シードラゴンコースター、バイキング
  3. 「レストラン」
    遊園地ゾーンと水族園ゾーンとを結ぶ連絡デッキ付近(水族園側)に新築します。1階は、おもちゃを購入することができる「トイズ・ショップ」、2階は伊勢湾を眺望しながら食事やカフェが楽しめるシーサイドレストラン(座席数約220席)です。
  4. 「バーベキュー場」
    1度に最大300人までが楽しめるシーサイドバーベキュー場では、海の幸を味わうことができるほか、地引網をはじめ海辺の体験イベント等ともあわせて楽しめます。

『南知多おもちゃ王国』概要

所在地 〒470-3233  愛知県知多郡美浜町奥田428-1
電話番号 Tel : 0569-87-2000
交通 電車の場合 名鉄知多新線「知多奥田」駅より徒歩10分(名鉄名古屋駅から電車で約1時間)
自動車の場合 南知多道路「美浜インター」から10分(名古屋から45分)、中部国際空港(セントレア)から30分
敷地面積 66,740.26m2
建築面積 1,119.19m2
延床面積 1,493.86m2
入場料 大人1,500円 子供800円(3歳以上中学生以下)
「南知多ビーチランド」入園料金のみで別途不要。
営業時間 午前9時30~午後5時(3月16日~11月15日)、
午前9時30~午後4時30分(11月16日~3月15日)
駐車場 乗用車800台
施工者 矢作建設工業株式会社
お問い合わせ ◇この件に関するお問い合わせ◇
株式会社名鉄インプレス 営業企画部
〒450-8501 名古屋市中村区名駅1-2-4
Tel : 052-588-0887
Fax : 052-588-0889

ページの先頭へ