野外民族博物館リトルワールド第4期「リトルワールドカレッジ」を10月から開講します‐9月5日(月)から受講生の募集を開始‐

2005年9月1日

野外民族博物館リトルワールド(犬山市今井成沢90-48)は、より多くの来館者に世界のさまざまな民族のくらしと文化に親しんでいただくことを目的に「リトルワールド・カレッジ」を開講していますが、10月から来年3月まで第4期「リトルワールド・カレッジ」(全6回)を開講します。また、これに先立ち、9月5日(月)から同講座の受講生の募集を開始します。

平成16年4月開講の第1期から、これまで3期にわたり開講してきた「リトルワールド・カレッジ」はすべて満員となるほど、一般の方々からの関心の高さが伺われ、受講生の方々からも「世界の多様な民族の暮らしの知恵を学ぶことができる」「現代の生活を見直す機会となった」などご好評をいただいています。

第4期の「リトルワールド・カレッジ」では、「ネパール 仏教寺院」や「フランス アルザス地方の家」、「北海道 アイヌの家」などについて、同館のガイドブックに書かれていない復元時の苦労話を中心に、現地の生活文化や習慣を紹介します。

なお講座は、リトルワールド 大貫良夫館長をはじめ、国立民族学博物館 小林繁樹教授らが講師をつとめ、同館学習室と野外展示家屋にて実施します。

リトルワールド・カレッジの受講要項は以下のとおりです。

応募資格
  • 世界の民族文化理解に積極的な興味と関心を有する方
  • 原則として6回すべて受講できる方
募集人員80人 定員に達し次第締切らせていただきます。
参加費用5,000円 6回分 年間パスポート(4,000円)付
応募方法電話での申込みに限らせていただきます。
募集期間9月5日(月)から
開講日および講師 第1回 テーマ : ネパール 仏教寺院について
10月9日(日) 鹿野 勝彦(金沢大学教授)
第2回 テーマ : スウェーデン サーミのテントについて
11月23日(祝) 高橋 貴(愛知大学教授)
第3回 テーマ : 北海道 アイヌの家について
12月18日(日) 稲村 哲也(愛知県立大学教授)
第4回 テーマ : モンゴルのテント、南アフリカ ンデベレの家について
1月22日(日) 石井 祥子(リトルワールド研究員)・亀井 哲也(リトルワールド主任研究員)
第5回 テーマ : フランス アルザス地方の家について
2月12日(日) 小林 繁樹(国立民族学博物館教授)
第6回 テーマ : 全体総括
3月19日(日) 大貫 良夫(リトルワールド館長)
開講時間11 : 00~15 : 00(昼食休憩あり)
お問い合わせ 応募および問い合わせ
野外民族博物館リトルワールド「リトルワールド・カレッジ」係
〒484-0005 犬山市今井成沢90-48 Tel : 0568-62-5611

ページの先頭へ