音声読み上げソフトをご利用のお客様へ。
IR情報

経営計画

名鉄グループ長期ビジョンおよび長期経営戦略(2018年3月策定)

名鉄グループでは、2012年3月に名鉄グループの長期的な方向性を示した「2020年のあるべき姿」および「長期経営戦略」を策定し、名駅再開発が本格的に動き出していると思われる2020年頃までを財務体質の強化など、「強固な経営基盤の確立」に向けて邁進する期間と位置づけ、経営を推進してまいりました。

中期経営計画「PLAN120」(2012年度~2014年度)および「PLAN123」(2015年度~2017年度)期間中では、業績の向上や財務健全性の大幅な改善により、名駅再開発に向けた「強固な経営基盤の確立」は計画通り達成できる見込みである一方、「新たな柱となる事業の創出」などについては、進展はあったものの、今後の継続課題であると認識しております。

今後、当社グループを取り巻く事業環境は、人口減少・少子高齢化の加速、技術革新の進展、インバウンドの更なる増加など、大きく変化することが予想されます。このような環境下においても、当社グループが持続的な成長を目指すためには、事業基盤の拡大や収益力の強化を図ることが不可欠と考え、今回、新たな長期ビジョンおよび長期経営戦略を策定することといたしました。

名鉄グループ長期ビジョン「VISION2030~未来への挑戦~

-当社グループは、地域と共に生きる企業として、モビリティの提供やまちづくりを通じて、新たな魅力や価値を創造し続ける企業グループとなります。

-変化する社会のニーズを積極的に取込み、新たなライフスタイル・豊かな生活の実現をサポートすることにより、持続的な成長を図ります。

「VISION2030~未来への挑戦~」で目指したい利益水準
営業利益 700億円(連結ベース)

長期経営戦略

-日本一住みやすいまち、訪れたいエリアを創り上げ、定住人口と交流人口の拡大を図ります。

-積極的な投資や新たなビジネス領域への果敢なチャレンジにより、収益力の向上を図ります。

-人口減少、少子高齢社会においても持続的に成長するために、先端技術の活用などによる生産性の向上やイノベーションの創出に積極的に取組みます。

名鉄グループ中期経営計画「BUILD UP 2020」(2018年3月策定)

中期経営計画「BUILD UP 2020」は「VISION2030~未来への挑戦~」および「長期経営戦略」の実現に向けた最初の3ヵ年計画となります。

前中期経営計画「PLAN123」(2015年度~2017年度)では、「収益性向上」と「財務安全性の確保」の両立を目指してまいりましたが、この間、財務体質は大きく改善したことから、「BUILD UP 2020」では、「積極的な成長投資による事業基盤の拡大・収益力の強化」を図る方向へと経営の軸足を移します。


基本方針

2030年に向けて新たな魅力や価値を創造し、持続的に成長していく企業グループとなるため、「積極的な成長投資による事業基盤の拡大・収益力の強化」を図る。

期間

2018年度~2020年度(3ヵ年)

重点テーマ
  1. 名駅再開発の事業着手に向けた計画の推進
  2. 名古屋都心部における積極的な不動産事業の展開
  3. 魅力ある沿線・地域づくりの推進
  4. 成長事業への積極的な投資と収益力の向上
  5. グループ事業のさらなる収益力強化
  6. イノベーションを生み出す組織風土づくりおよび生産性向上に向けた取組みの推進
目標指標(連結ベース)
  2020年度目標
営業利益 500億円
EBITDA
(営業利益+減価償却費)
930億円

(参考指標)2020年度

ROE(純利益/自己資本) 8%程度
ROA(営業利益/総資産) 4%程度
純有利子負債/EBITDA倍率 5倍程度
株主資本比率 25%程度
配当方針

業績と経営環境を総合的に勘案しつつ、安定的な配当を維持する。

投資計画
  PLAN123見込※
(2015年度~2017年度)
BUILD UP 2020
(2018年度~2020年度)
投資総額 1,505億円 2,000億円
(内数) 成長・戦略投資 346億円 700億円

※2017年11月時点

発表資料
  • CMギャラリー
  • 広告ギャラリー
  • 名鉄まるわかりブック

ページトップへ