音声読み上げソフトをご利用のお客様へ。
環境活動

名鉄グループ エコ・ビジョン

名鉄グループ一体となった環境活動を推進するため
「名鉄グループ エコ・ビジョン」を策定

地球にうれしいをこの街から。

平成17年2月に「京都議定書」が発効し、地球温暖化防止への取り組みが世界規模で進められるなど、地球環境保全は、今や将来にわたって取り組むべき、人類共通の最優先課題となっています。この課題に対して、私たちはその本質を認識し、個人から各組織体まで例外なく、問題解決へ向けて取り組むべきであると考えます。

これまで当社は、大量輸送手段としてエネルギー効率が良く、環境に優しいといわれる鉄道・バスを主体に事業展開する中で、事業活動自体に伴う環境負荷をしっかりと認識し、その負荷軽減に努めるべく、平成10年4月に環境方針「名鉄エコ・ビジョン」を策定し、地道に継続的に環境活動を行ってきました。

昨今、企業経営において、様々な場面でグループの内部統制(グループ・ガバナンス)が求められるようになる中、環境活動についても、名鉄グループ一体となって展開・推進する必要があるとの認識に立ち、平成18年4月、グループ環境方針として「名鉄グループ エコ・ビジョン」を新たに策定し、推進体制の再構築を行いました。

環境にやさしい企業活動をグループ経営戦略として活かし、社会的責任の完遂を具現化する中で、名鉄グループ経営ビジョンに掲げる「信頼のトップブランド」の実現を目指してまいります。

名鉄グループ エコ・ビジョンの概要

基本理念

名鉄グループは、環境問題を地球規模で考え、地域・個人レベルで行動し、環境にやさしい企業をめざします

基本方針

  1. 環境問題に対する一人ひとりの意識向上につとめます
    地球環境問題を正しく理解し、持続可能な社会の実現のために一人ひとりが行動できるよう、環境教育や啓発を通じて、意識向上を図ります。
  2. 環境保全に関する技術力の向上と提供につとめます
    グループが展開する幅広い事業を活かし、各社が保有・開発する環境保全技術やノウハウの共有と社会への提供を通じて、環境負荷の軽減を図ります。
  3. 地域との連携を大切にし、環境保全に対する社会貢献につとめます
    地域を中心とした関係各方面と協力し、地域環境保全の向上を図ります。また環境に関する情報公開を通じて、あらゆるステークホルダーとの対話を深めます。
  4. 環境法令の正しい理解と遵守につとめます
    名鉄グループ企業倫理基本方針に則り、環境法令の理解・遵守はもちろんのこと、各社相互間の情報交換等を通じて、環境リスクの予防と低減を図ります。

推進体制

グループ環境活動の具体的な方針を立て、推進する組織として「名鉄グループ アクション・エコ推進委員会」を設置。実際の活動にあたり、具体的な方策を検討し実施するための連絡会議を名古屋鉄道(株)と、名鉄グループ各社それぞれで開催します。各会議体の事務局は、名古屋鉄道(株)事業企画部に設置しています。

(推進体制図)

推進体制図

  • CMギャラリー
  • 広告ギャラリー
  • 名鉄まるわかりブック

ページトップへ