音声読み上げソフトをご利用のお客様へ。
法人・店舗のお客様

電柱・トラフの使用

電柱・トラフの使用手続について

当社の鉄道線路敷きの電柱・トラフの使用をご希望される認定電気通信事業者の皆様に「公益事業者の電柱・管路等使用に関するガイドライン」の第2条(貸与申込手続)に定められた事項に関して、下記の通りご案内いたします。

お問合せ窓口(申込窓口)

名古屋鉄道(株)
E-mail

件名は「電柱・トラフの使用について」としてください

お問合せ方法

会社名、住所、ご担当および連絡先、ご希望される施設使用の期間・区間・目的・施設の種類(電柱、トラフ)、敷設する線路設備の仕様、その他のご要望を明記の上、メールなどでお問合せ下さい。

お断りする事由

「公益事業者の電柱・管路等使用に関するガイドライン」の第3条(貸与拒否事由等)に基づき、お断りすることがございます。

標準的な施設使用料及びその算定根拠

使用される施設の建設費、金利、公租公課、土地使用料、保守管理費、当社利潤などをもとに算定いたします。なお、施設使用料とは別に、通信事業者様の通信設備の保守管理費が必要となります。

調査のお申込みから提供の可否の決定までの標準的な期間

概ね2ヶ月以内にご回答することに努めます。但し、ご希望される施設使用区間、敷設設備により調査量も異なりますので、ご相談させて頂きます。

調査に係る費用の算定方法

人件費、事務費、交通費、機械損料、当社利潤などをもとに算定いたします。

調査のお申込みから施設使用までの標準的な期間

概ね1年~2年を標準といたしております。但し、ご希望される施設使用区間、敷設設備により調査量・工事量も異なりますので、ご相談させて頂きます。

  • CMギャラリー
  • 広告ギャラリー
  • 名鉄まるわかりブック

ページトップへ