3300系・3150系

画像を見る

通勤車の代替として2004(平成16)年にデビュー。3300系(2M2T組成)と3150系(1M1T組成)は名古屋本線系を運用する車両として、はじめてステンレス車体を採用した。2002(平成14)年にデビューした300系の機器をベースに設計し、既存のVVVF車と併結を可能するため読み替え装置を搭載している。片側3扉で座席は300系で採用したロングシートと転換クロスシートの組み合わせで登場したが、2007(平成19)年以降の増備車からオールロングシートに変更し、2015(平成27)年新造時からは前面スカートの大型化と側面上部に赤ラインを追加した新デザインとした。名鉄カラーのスカーレットレッドの3500系などと併結運転されることがあり、ステンレス車体が一際目立つ存在となっている。


 *.[名鉄車両博物館]へ戻る
 0.トップメニューへ戻る

(C)名古屋鉄道株式会社