使えなくなったとき

manacaが何らかの障害によりご利用いただけなくなったときは、manaca取扱窓口で再発行いたします。この場合、無記名式manacaについてもお取扱いいたします。

障害再発行の流れ

  1. 障害

    manaca取扱窓口へお申し出ください。

    おもちいただくもの
    • 障害が発生したmanaca
  2. 再発行登録
    再発行のお申し込み
    • 「再発行申請書」をお渡ししますので、ご記入ください。
    • 「再発行整理票」を発行します。

    登録の翌日以降、14日以内に manaca取扱窓口へお越しください。

    • manaca定期券の場合は、その定期券を発売する事業者の窓口へお越しください。
    • 再発行登録後14日を越えた場合は、再度、再発行のお申込みが必要です。
    おもちいただくもの
    • 再発行整理票
    • 障害が発生したmanaca
      (再発行手数料やデポジットは必要ありません。)
  3. 再発行
    カード残額、ポイント残高および定期券機能を移行した新しいmanacaをお渡しいたします。
    • センターシステムに要録されたご利用実績や「μstarポイント」も引き継がれます。
    • 再発行前のご利用履歴は表示・印字されません。

manaca取扱窓口はこちら

ご注意ください

  • 障害再発行は、カード裏面記載のカード番号に基づき再発行の手続きをいたします。カード番号が判読できない場合は、再発行することができません。
  • 再発行整理票は、再度の発行ができません。大切に保管してください。
  • 再発行を行った場合、カード裏面記載のカード番号が変わります。またカード図柄は変更となる場合があります。(障害カードが記念カードなどの場合でも、対応いたしかねます。)
  • 再発行により、他のサービスが利用できなくなったり、金銭的価値を失った場合であっても、補償いたしかねます。

ページの先頭へ