manacaのこれから

ICカードmanacaについて、名古屋鉄道の展開構想を紹介します。
どんどん便利になるmanacaにどうぞご期待ください。

相互利用

全国の交通系ICカードの相互利用サービスの実施
manacaを含む、下記の10種類の交通系ICカードの相互利用サービスを平成25年3月23日から開始いたしました。詳しくは全国相互利用サービスのページをご覧ください。

manaca(当社・名古屋市交通局)、PiTaPa(スルッとKANSAI協議会)、Kitaca(JR北海道)、ICOCA(JR西日本)、PASMO(PASMO協議会)、はやかけん(福岡市交通局)、Suica(JR東日本)、nimoca(西日本鉄道)、TOICA(JR東海)、SUGOCA(JR九州)

  • 「manaca」・「マナカ」は、株式会社エムアイシー及び株式会社名古屋交通開発機構の登録商標です。
  • 「Kitaca」は、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • 「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
  • 「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • 「TOICA」は、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • 「PiTaPa」は、株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。
  • 「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • 「はやかけん」は、福岡市交通局の登録商標です。
  • 「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標です。
  • 「SUGOCA」は、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。

manacaの展開構想

交通分野における電子マネー展開

加盟店契約駐車場での電子マネー決済によるパーク&ライド利用者の利便性向上
展開地域:沿線駅前駐車場(順次サービス拡大予定)

カーシェアリングへの応用

商業分野における電子マネー展開

沿線地域との連携による展開

地域カードとして活用

電子マネー決済だけでなく、ICカードの機能を利用して様々なサービスと組み合わせて活用することもできます。

認証分野での展開

マンション・社員証の認証キーとしてのICセキュリティ

例)マンション共有部の認証キーとしてICカードを利用することで居住者の利便性とセキュリティを向上

学生証のICカード化

学生証をICカード化することで、各種事務手続きの負担を軽減。

名鉄グループが目指すmanacaの展開(まとめ)

ページの先頭へ